cialis generic tadalafil buy discount viagra online generic viagra master card purchase canadian pharmacy viagra buy generic cialis generic viagra online

常に革新のあるチュレ

ワイン育成庫・貯蔵庫への投資、設備の現代化:チュレでは、常に高性能で革新的な機材の探求が行われており、グラン・クリュに匹敵するワイナリーとなっています。

1980年から1985年にかけて、ブドウ栽培家が皆、白ブドウ品種のブドウを抜き、赤を植えていた頃、フランシス・クーセルは全く反対のことをしていました。すなわちソーヴィニヨンとセミヨンを数多く植えていたのです。

1986年から、フランシスは、ワインの醸造にスキン・コンタクトの技術を使い始めました。この方法により、白ブドウの香りを最大限抽出できるのです。同じ年、「キュベ・フランシス・クーセル」を造りました。このワインは、新樽で醗酵させ、そのまま樽の中の滓の上で9ヶ月間熟成させたものです。もしこのようなワインが現在よく見られるようになっているとすると、フランシス・クーセルは、本当にパイオニアで、このブルゴーニュの手法を初めてボルドーで導入したのです。結果はすぐに出ました。シャトー・チュレの白ワインは世界中でその品質を認められることになったのです!!

チュレでは、ワインの品質を大切にしています。ブドウ畑の段階から、 植栽密度の増加、ブドウ畑に生える植生の維持、ブドウに最適な日照量を当てるためのパリッサージュとエフォイヤージュ、未熟な時期に摘果することによる収穫量の調整など、すべて入念に検討されています。

ブドウ畑での作業は、初歩的なことから複雑なことまで、厳格に行われており、非のうちどころのない原料のブドウを生産しています。